toggle
profile

弁理士紹介

弁理士 飯村重樹


【学歴】

  • 1995年 中央大学法学部法律学科卒業
  • 2011年 東京理科大学工学部第2部電気工学科卒業

【職歴】

  • 1995年~ 国内企業勤務
    販売管理やマーケティングの業務に従事する
  • 2005年~ 弁理士登録、都内特許事務所勤務
    商標の権利化に従事するとともに商標を巡る多数の紛争案件にも関与し、紛争解決能力を養うことに努める
  • 2008年~ 都内特許事務所勤務
    大手企業のIT技術(情報通信、ソフトウェア)、制御、機械関連の技術を中心とする特許業務に従事し、国内外の特許出願及び権利化に取り組む
  • 2010年 〜 特定侵害訴訟代理業務付記登録
  • 2014年~ 都内法律事務所勤務
    主に中小企業等の事業上の競争力を確保する観点から、これまで行ってきた特許実務及び商標実務を実践的に活用することに努めるとともに、知財訴訟・契約・知財デューデリジェンス等の知財の活用業務にも関与する
  • 2018年~ ふたば大樹知的財産事務所開設

【役職等】

(日本弁理士会務活動)

  • 2010年~2012年 技術標準委員会
  • 2013年~2014年 技術標準委員会 副委員長
  • 2015年 技術標準委員会 委員長
  • 2016年 技術標準委員会 副委員長
  • 2017年 技術標準委員会
  • 2014年~2016年 著作権委員会 委員
  • 2015年 知的財産戦略本部対応ワーキンググループ 委員
  • 2017年 第4次産業革命対応ワーキンググループ 委員
  • 2017年 日本弁理士会特別表彰(会令第17号「褒賞規程」に基づく表彰)
  • 関東支部 著作権相談室 相談員
  • 関東支部 知的財産権相談室 相談員

(外部活動)

  • INPIT知財総合支援窓口 派遣専門家
  • 2014年4月~2017年3月 日本知的財産仲裁センター 調停人・仲裁人・判定人候補者
  • 2017年度知財経営導入支援事業 知財戦略モデル構築(知財・標準化)委員会 委員

【著作・論文等】

  • 「大学の教養教育における知財教育-茨城大学の事例」パテント2011年11月号(共著)
  • 「次世代ブラウザとテレビとの連携における標準化と競争に関する一考察」パテント2013年7月号
  • 「標準に含まれる特許権に関する一考察 ―フォーラム標準に特許権が含まれる場合を中心として―」パテント2014年9月号
  • 「技術標準と弁理士」パテント2015年6月号(共著)
  • 「コンテンツ内オブジェクトによるビジネスについての法的諸問題」パテント2016年10月号(共著)
  • 「デジタルコンテンツの保護と利用についての研究」パテント2017年11月号(共著)

【講義・講演・学会発表等】

  • 茨城大学人文学部総合科目「食と法」特別講義「知的財産権法の概要」(09.6.9)
  • 茨城大学人文学部法律コース特別講義「法律専門職について」(10.11.18)
  • 日本知財学会第10回年次学術研究発表会での研究発表「次世代ブラウザとテレビとの連携に関する標準化政策」(12.12.9)
  • 日本知財学会第10回年次学術研究発表会での研究発表「標準と特許権とを活用した知財戦略」(13.11.30)
  • 松田綜合法律事務所法律実務セミナー「復活!特許異議の申立て制度の活用方法」(14.10.1)
  • 日本弁理士会会員研修「弁理士業務に役立つ技術標準−製造ノウハウを隠したまま国際標準化できる?!−」(15.11.11)(第2部 仮想事例に基づいた標準化戦略担当)
  • 茨城大学人文学部社会学科「法学・行政学入門」特別講義「大学生のための知的財産権入門」(16.1.6)
  • 広域関東圏知的財産戦略本部(関東経済産業局)・特許庁・横浜市主催(実施機関:一般社団法人発明推進協会)「中小企業のための標準化活用・知財戦略セミナー 第1部 製造ノウハウを隠したまま国際標準がとれる?! ~中小企業でもできる性能試験標準で事業拡大へ~ 第1部 技術標準と知財戦略の基礎」(16.3.24)
  • 日本ブラジル中央協会・松田綜合法律事務所共催「ブラジル政治経済および法律セミナー ~製造業が海外展開する際の知財リスク~」(16.4.20)